2021/03/27 10:47

パインブックスは単語や熟語が大好きです。
わずかな文字なのに心の中に大きなものを与えてくれます。

店内の暖簾にも「晴耕雨読」と「開巻有益」の四字熟語を掲げています。パインブックスの考えとすごくマッチするなということでセレクトしました。

開巻有益 = 読書は得るものがあり、ためになるということ。
本屋として、日々勉強を掲げるパインブックスにピッタリな言葉です。読書で得る益は知恵です。目には見えませんが、きっと自分を助けてくれます。

晴耕雨読 = 晴れた日は畑を耕して、雨の日は屋内で本を読むという意味。
これは「畑を耕す」をパインブックス的解釈で、「外で遊ぶ」と捉えます。晴れた日は外で遊び、身をもって体験する。雨の日は、部屋で本を読みインプットする。自然に逆らわず、天気に合わせて自分の日常も工夫する。そんな風に柔軟に楽しく暮らしていけたらと思っています。

ピッタリな言葉と出会った時、今まで抽象的だった自分の考えがハッキリと現れます。自分のことも知ることができるし、これからのガイド役にもなってくれます。

みなさんも自分にぴったりな言葉を見つけてみませんか?